【海外】ナタリー・ポートマン告白「子役時代から性的対象は苦痛」

オスカー女優のナタリー・ポートマン(37)が、子役時代から性的な対象として見られたことへの苦痛を米ピープル誌インタビューで告白した。13歳で女優としてデビューした当時、ある男性ファンからの手紙に「レイプ・ファンタジー」と書かれていたという。

ポートマンはこの時のことについて、「13歳の子供でさえも、性的な表現をすれば、男性たちが私の身体について話し、物として見る権利を持つことをすぐに理解しました。世間に対し、私は安全でいる価値、尊重される価値のある人間であるというメッセージを送るため、自分の身体を隠し、表現や仕事を抑制する必要があると感じました」と振り返った。

ポートマンは、自分が性的対象として見られたことに気づき、妥協するに至ったというが、「映画の中での私の撮られ方や描かれ方が理由で、性的な対象として見られたことはわかっています。でも、私はそんなつもりではない。それは、公的なアイデンティティの一部なのです」と説明した。(ニューヨーク=鹿目直子)

[2018年12月29日6時23分]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812290000012.html

性的対象じゃなければ恋愛も結婚もないでしょう。

人間として当たり前のことを否定してどうすんでしょうか?

レイプはそりゃいけないことだけど、性的対象の恋愛や結婚は当たり前なこと。

いまだにレオンの新作イラストを海外サイトで見るから向こうのそういう種類の人たちに相当刺さったでしょうか?

世の中には性対象にして貰えなくて悲しんでいる女性が大勢いるのにね。