【女優】内田理央写真集レビュー

内田理央とは

2010年、「日テレジェニック2010」に選ばれ芸能界入り。2014年10月から特撮テレビドラマ『仮面ライダードライブ』で詩島霧子を演じて有名になった。2015年10月からはファッション雑誌『MORE』の専属モデルとなる。

2016年には『血まみれスケバンチェーンソー』にて映画初主演を務める。また同作で、ベストフンドシストアワード2015を受賞した。グラビアアイドルとファッションモデルを兼ねる”モグラ女子”としても人気であり、2015年7月現在、グラビアDVDを11作品発売している。『仮面ライダードライブ』とは違う姿の内田を見たい人にはこちらもある。またニコニコチャンネル「WOWOWウェブチャンネルexit_nicochannel」のニコ生番組「WOWOWぷらすと」では”ぷらすとガールズ”の一人としてMCを担当。不定期の出演であるため、内田を見たい場合は「WOWOWぷらすと」をチェックし続けるとよい。

アニメ・マンガ好き芸能人の1人として知られ、小学生時代は「ちゃお」読者ページのイラストはがき職人だった。

現在は特に『ジョジョの奇妙な冒険』ファンであり、自宅にはコミックやフィギュアといったグッズがコレクションされている。また平成仮面ライダーシリーズは自身が出演する前からチェックしていらしく、『仮面ライダーカブト』が特に気にっているらしい。グラビアアイドルとしてはもともと美尻に定評があるが、2018年には「an・an」の美乳特集にも登場している。

外部リンク

内田理央写真集ニュース

写真集「だーりおといっしゅうかん。」(集英社、2484円)と「だーりおのいっしゅうかん。」(同、1728円)の発売イベントを行った。

双方とも先月28日の発売以来、売り上げは絶好調。

お尻部分が透けた黒い下着姿の大胆なバックショットなど“お尻ヌード”も話題で、この日、2冊とも発売後に即日重版となったことが明らかになった。

出典内田理央:お尻ヌード写真集即日重版 今年の漢字はやっぱり「尻」 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

本当はお尻はコンプレックス」と告白

「自分でアイデアを出して撮ったショットで、それがまさか表紙に使われるとは思わなかった」と感激した様子。

その一方、「本当はお尻はコンプレックス。もっと小さくキュッとしたお尻が良かった。来年は筋トレしてかわいいお尻にしたい」と来年の抱負を語った。

「お尻がコンプレックスだったけど、好きになろうと思って頑張ってます」と笑わせた。

○今年を象徴する1文字は「尻」

出典girlsnews.tv

2016年を振り返り今年の漢字一文字を聞かれ、「そうですね、”尻”で」と応え笑いを誘った内田。

週プレ版では過去最も露出の高い「お尻ヌード」を披露しており、今年を象徴する1文字を聞かれると「尻」とキッパリ。

今年を表す漢字一文字を聞かれると「尻」を挙げ、「今回の写真集はどっちも“お尻推し”なので。(漢字の)ハネがいいです」と説明した。

○このニュースはネットでも話題になっている

シェアする

フォローする