【女優】真野恵里菜写真集レビュー

真野恵里菜とは

aaa

1991年4月11日生まれ、神奈川県座間市出身。身長159cm、血液型B型。ジェイピィールーム(2012年12月まで)→ジャストプロ所属(ジェイピィールームにも引き続き業務提携タレント扱いで在籍)。通称まのえり・真野ちゃんなど。 眼力の強い大きな目と高い鼻、優しげな口元が魅力的な美少女。デビュー当初はあまりメリハリがないスタイルだったが、成長とともにそこそこメリハリある体型になっていった。

声質は良いが声域が狭く、歌唱力はそこそこ程度。過去にハロプロでソロデビューした松浦亜弥や藤本美貴とは歌唱力には明らかな差があった。ただし、歌声に感情を乗せることに関しては抜群に優れたものを持っており、後に女優として活躍する片鱗はハロプロ在籍当時から見せていた。 2005年に行われたアップフロントエッグオーディションに合格、翌2006年6月からハロプロエッグに2期生として所属し、研修活動を開始(なお、2004年の第1期エッグオーディションにも参加しているがその時は落選している)。

立ち上げメンバーということで30人以上も採用された1期生とは打って変わって、2期生はたった3人だったが、加入当初からルックスの良さで期待されていた真野は多くのエッグ1期生を差し置いて早々に抜擢を受け、2007年、ハロー!プロジェクトのコンサートにバックダンサーとして初参加後、フットサルチーム「Gatas Brilhantes H.P.」に加入、同時に音楽ガッタスのメンバーとして「鳴り始めた恋のBell」でCDデビューした。またモーニング娘。やBerryz工房、℃-uteがレギュラー出演していたテレビ東京系深夜の帯番組『ベリキュ〜!』『よろセン!』のミニコーナーにレギュラー出演、次代のハロプロメンバー最有力候補として育てられた。 2008年、音楽ガッタスのコンサートツアーに参加した後、ガッタス、ならびにハロプロエッグを卒業し、6月29日にインディーズシングル「マノピアノ」でソロデビュー、3枚のインディーズシングルをリリースした後、翌2009年3月18日にシングル「乙女の祈り」でHachamaレーベルからメジャーデビュー。 メジャー2ndシングル「はじめての経験」リリース時には「ミュージックステーション」にも出演、弾き語りスタイルで歌い始めながら途中で立ち上がって歌って踊り出すパフォーマンスはハロヲタのみならず視聴者を驚愕させた。

小さい頃からピアノを習っており、デビュー当初の歌唱スタイルは基本的に弾き語りだったため、専用のロゴ入り電子ピアノ「マノピアノ」(YAMAHA P-155)と共にステージに立っていたが、メジャーデビュー後はピアノなし・振り付きで歌を披露するようになり程なくマノピアノの存在は忘れ去られた。またデビューまもない頃から「Pocky 4Sisters!」をはじめとした携帯ネット向け配信ドラマなどにも出演している。メジャーデビュー直後の2009年4月から2年間、FM FUJIでレギュラーラジオ番組「MANO-DELI」を担当した。(後番組は鞘師里保の「RIHO-DELI」) 楽曲については、ハロプロ総合プロデューサーであったつんく♂からの提供をあまり受けておらず、KANやシャ乱Qのはたけ、たいせいらの作品が多い。そのため同時期のハロプロメンバーではBuono!と共に数少ない「Produced by つんく♂」ではないメンバーだった。また1970年代から活躍する女性アイドル曲の巨匠・三浦徳子から詞の提供を受けることが多かった。

歌で使える声域が1オクターブ分ほどしかないことと、つんく♂提供曲の少なさの関連は不明だが、インディーからメジャー初期のシングル表題曲を提供していたKANは、歌い手としては狭い側の音域が、逆に勉強になったとも語っている。 歌・ダンスが特別に秀でたアイドル歌手ではなく、ハロプロ自体が作り上げた女性グループアイドル全盛時代に苦しめられることも多く[1]、アイドルとしての方向性に迷っている様子を本人のみならず事務所も見せることがあった[2]が、メジャーデビュー後シングル13枚、オリジナルアルバム3枚、ベストアルバム1枚をリリースし、数少ないメジャーで活動する女性ソロアイドルとして熱心な固定ファンを獲得し、確かな存在感は発揮していた。真野の固定ファンは「マノフレ」[3]と呼ばれる。 ハロー!プロジェクトの中では在籍当時から珍しく女優活動が多く、堤幸彦に見出され同氏の演出する舞台に出演した辺りから演劇に本腰を入れて取り組み始めていた。2012年7月21日、オリックス劇場で行われた夏のハロプロ合同コンサート初日に翌年2月のハロプロ卒業を発表、2013年2月23日に中野サンプラザで行われた単独コンサートを最後にハロプロを卒業、本格的に女優一本で活動するようになったが、以後も現在まで年2回ほどのペースで単独ライブを行っている。 ハロプロ卒業後はアイドルとしての制約が無くなり、テレビ東京のお下品エロドラマ「みんな!エスパーだよ!」で主演の一人を務めたように演技できる範囲が広がった。 2016年にレギュラー出演したNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、秋クールのTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」での好演で女優としての知名度を大きく上げ、一躍期待の若手女優として注目を集めるようになる。またこの頃から当時鹿島アントラーズに所属していた柴崎岳との交際の噂が流れ始めるようになった。

柴崎は翌年リーガ・エスパニョーラ入りを果たすが、超遠距離恋愛の末、ロシアワールドカップ終了後の2018年7月16日、正式に入籍を発表した。女優活動は今後も継続するとのことである。 魔法騎士レイアースが大好きで、DVD-BOXを購入しているほど。

ちなみに主人公の3人の中では獅堂光派。

真野恵里菜写真集ニュース

aaa

女性アイドル集団「ハロー!プロジェクト」での活躍を目指す研修生グループ「ハロプロエッグ」出身の真野。

芸能活動10周年写真集「陽炎-KAGEROH-」(ワニブックス、3240円)で、過去最大露出に挑戦している。

広大な砂漠地帯などでセクシーなビキニ姿を披露しているほか、“背中ヌード”にも初挑戦。

取材陣から「セクシー度は何点?」と聞かれると、「他の人にはかなわないんですけど、今回は等身大の女子感が出ているのかな。ということで、68点です」と自己採点。

シェアする

フォローする